お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

不動産投資用語

権利変換手続 (けんりへんかんてつづき)

市街地再開発事業の手続きの一つ。施行前の各権利者 の権利を,再開発ビルの敷地や床に関する権利に変換す る手続きで,都市再開発法に基づいて,手続き開始の登 記,権利返還を希望しない場合の申し出,権利変換計画 の縦覧・決定・認可・公告,権利変換の登記が行われ る。

権利の登記 (けんりのとうき)

不動産に関する登記の記載事項の一つ。不動産の現況 および権利関係を公示するため,公開された公簿である 登記簿に記載される。所有権,地上権,抵当権等不動産 に関する権利の得喪に関する登記。権利の登記がなされ ると,第三者への対抗力が備わるほかに,推定力等の効果が生じる。

権利取得裁決 (けんりしゅとくさいけつ)

土地収用法に基づく裁決の一つ。起業者からの申請に より,土地の所有権等を取得または使用するために,収 用委員会が,収用または使用する土地の区域,土地に関 する権利に対する損失の補償,権利取得の時期を決める 裁決のこと。

権利金(けんりきん)

不動産の賃貸借等に係わる金銭の一つ。賃借物の使用 に対しての対価あるいは賃借権の譲渡を認める場合の対 価等として支払われる一時金である。原則的には契約終 了時に貸主から返還されることのない金銭。鑑定評価で は,賃料の把握において,権利金の運用益および償却額 は支払賃料とともに実質賃料の構成要素となる。なお, 権利金の授受は賃借権の譲渡性を認める根拠とされる場 合がある。

原 野(げんや)

土地の利用上の区分の一つ。不動産の表示に関する登 記手続においては,耕作の方法によらないで雑草・濯木 類の生育する土地の地目が原野とされるが,一般的に は,積極的に利用されていない生産力の乏しい土地を指すことが多い。

建ぺい率 (けんぺいりつ)

建築法規の用語の一つ。敷地面積に対する建築面積の 割合。建築物の敷地が制限の異なる地域・地区にわたる 場合には加重平均で算定し,角地等では制限を緩和する 規定がある。

減 歩(げんぶ)

土地区画整理事業の手法の一つ。土地区画整理事業の 換地計画において,換地の面積が従前の宅地に比べて減 少すること。減歩は公共施設の用地と保留地を確保する ために行われるが,宅地の利用増進の範囲内で減歩を受 ける限りは,損失補償は行われない。

限定賃料(げんていちんりょう)

鑑定評価で求める賃料の種類の一つ。隣接不動産の併 合使用を前提とする賃貸借等に関連する場合等,限定価 格と同一の市場概念の下において新たに賃貸借等の契約 において成立する適正な賃料である。

限定価格 (げんていかかく)

不動産の鑑定評価で求める価格の種類の一つ。隣接不 動産の併合のための売買や,借地権者が底地の併合を目 的とする売買の場合等のように,正常価格が成立する自 由な市場を前提としないで,特定の当事者間の取引のみ にその経済的合理性が認められる,つまり市場が相対的 に限定されたクローズド・マーケットにおいて成立する 場合の適正な不動産の価格である。不動産の一部の分割 等によって生じた画地の価値に経済合理性が損なわれる 場合にも,限定価格を求めることがある。

建築面積(けんちくめんせき)

建築法規の用語の一つ。建築物の外壁または柱で囲ま れた部分の水平投影面積。ただし,原則地階は除き, 軒・ひさし等外壁または柱の中心線よりlm以上突き出 た場合はlm後退して計測する。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加