お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

不動産投資用語

費用償還請求権(ひようしょうかんせいきゅうけん)

私人間の利害を調整する制度の一つ。他人のために費 用を支弁した者が,それを特定の者に償還してもらうた めの請求権である。民法にもその例は多いが,不動産取 引に関する代表的なものは,占有者等の費用償還請求権 で,賃借人が代金を支払って修繕した後でその賃貸人に 請求する権利。これは賃貸借契約の特約によって排除す ることが可能である。請求する権利費用には雨漏りの修 理等生活する上で必要な費用である「必要費」とエアコ ンの設置等,建物の価値を高めるための費用である「有 益費」とがある。

標準地(ひょうじゅんち)

地価公示の用語の一つ。地価公示において価格を公示 する地点のことを意味し,土地鑑定委員会が自然的およ び社会的条件から見て類似の利用価値を有すると認めら れる地域において,土地の利用状況,環境等が通常と認 められる土地について選定している。都道府県地価調査 における基準地と対になる用語。

表示登記(ひょうじとうき)

不動産に関する登記の一つ。不動産を特定し,さらに 現況を明らかにするために行われる。土地については所 在,地番,地目,地積が,建物については所在,家屋番 号,種類,構造,床面積等が表示される。

非訟事件(ひしょうじけん)

民事裁判所により解決が図られる事件の一つ。夫婦の 財産すべてを共有とする夫婦財産契約の登記等の私人間 の争いについて,訴訟手続きによらず,裁判所によって 迅速に処理される民事事件である。不動産に関しては, 借地条件の変更等に関する争いが非訟事件とされてい る。

比準賃料(ひじゅんちんりょう)

鑑定評価手法によって求められる試算賃料の一つ。賃 貸事例比較法により対象不動産の賃料を求める試算賃料 を比準賃料という。

比準価格(ひじゅんかかく)

鑑定評価手法によって求められる試算価格の一つ。取 引事例比較法により対象不動産の価格を求める試算価格 を比準価格という。

日影規制(ひかげきせい)

建築法規の内容を意味した用語の一つ。中高層建築物 による一定時間以上の日影を生じさせないように制限す る規制。規制内容により定められた平均地盤面からの高 さで,冬至日の真太陽時の午前8時から午後4時(北海 道内は午前9時から午後3時)の日影時間が,敷地境界 線からの水平距離によって定められている。

1

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加