お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

株式投資用語

突飛高(とっぴだか)

特に好材料があるわけでもないのに上がる ことを「突飛高」と言う。あまりに突然に動きを見せ るためこのように呼ばれるが、たいていの場合、 後になって材料がはっきりすることが多い。⇔「突飛安」

独歩安(どっぽやす)

相場が堅調に推移しているときに1銘柄だ けが悪材料によって下がる現象のこと。⇔「独歩高」

独歩高(どっぽだか)

相場が全体的に低迷しているときに、ある特定の 銘柄だけが好材料によって上がること。⇔「独歩安」

動意簿(どういぼ)

ほとんど動きを見せなかった相場が、少しずつ上がる気配や下がる気配を見せることを指し、主に上昇の気配が見えた場合に使われる言葉を「動意」と言う。 また長い間商いが少なく、動きがないことを「動意薄」と言う。

動意(どうい)

ほとんど動きを見せなかった相場が、少しずつ上がる気配や下がる気配を見せることを指し、主に上昇の気配が見えた場合に使われる言葉。 また長い間商いが少なく、動きがないことを「動意薄」と言う。

特定金銭信託(とくていきんせんしんたく)

「特定金銭信託」(トッキン)は、委託者が運用方 法を具体的に指定する金融商品のこと。信託期間の終 了時には現物でなく金銭で返される点がファンド・ トラストと異なる。 また、投資家の側か運用方法を具体的に指定する 点で、第三者(受託者)が運用方法や投資対象を決 める「指定金銭信託」とも異なる。

特金(とっきん)

「特定金銭信託」(トッキン)は、委託者が運用方 法を具体的に指定する金融商品のこと。信託期間の終 了時には現物でなく金銭で返される点がファンド・ トラストと異なる。 また、投資家の側か運用方法を具体的に指定する 点で、第三者(受託者)が運用方法や投資対象を決 める「指定金銭信託」とも異なる。

ドテン

信用取引において、売りと買いの残高が逆転する ことを指す。それまで買っていた投資家がすべ て売って、売り方に回ることを「ドテン売り越し」 と言い、逆に売り方が買いに転じることは「ドテン 買い越し」と言う。

取組み(とりくみ)

信用取引における買い残高と売り残高の関係を指 す言葉で、相場の先行きを予測する材料となる。 仮に買い残高が増加して売り残高が減少したとす ると、相場は上がるものと予測できる。

投資情報サービス(とうしじょうほうさーびす)

個人投資家がインターネット取引を行う場合の魅力の一つが、投資情報の提供を受けることができる という点です。たとえば株価・市況情報、企業が開示している各種の情報、株式相場に影響を与えるよなニュース、各種の株式チャートなど投資判断に 必要な情報が提供されます。 どのような投資情報が提供されるのか、無料で提 供されるのかどうかという点も証券会社選びのポイントといえるでしょう。専用ソフトを提供し、リア ルタイムで株価の動きを見ることができるシステム を構築している証券会社もあります。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加