お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

株式投資用語

E

EVA

企業が資本を使って生み出した価値を示す指標。具体的には、税引き後の営業利益から税金、配 当金、金利などの資本コストを差し引いて求める。ちなみにEVAは米コンサルティング会社のスターン・スチュワート社が商標登録している。 EVAの最大の特徴は、株主が投下した資本に求 められる期待収益率を、資本コストとして人件費な どと同様に扱っている点であり、株主重視の指標とも言える。 この数値がプラスとなったとき、初めて企業は価 値を生み出したと判断する。 市場ではEVAを採用している会社はおおむね高 く評価される傾向にある。

EPS

英語で「Earnings PerShareJの頭文字3つを組 み合せて「EPS(イー・ピー・エス)」と表記す ることもある。 企業の収益力を最もよく示すのは税引き後利益 (純利益、当期純利益ともいう)だが、様々な企 業活動を通じ、年間に1株当たりいくらの利益を稼 いだのかを見る指標が1株当たり利益。 市場では、1株当たり利益が多いほど高く評価さ れる。また、PER(株価収益率)を計算する際 の基礎となる数値でもある。 1株当たり利益H当期純利益÷発行済株式数

1

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加