お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

株式投資用語

内部統制報告書(ないぶとうせいほうこくしょ)

日本版SOX法(「日本版SOX法」参照)の導入により、有価証券報告書を 提出しなければならない企業のうち、上場企業と政令で定めるものに「内部統制報告書」の提出が義務 づけられた。 これは財務諸表その他の情報の適正性を確保する ために必要な体制について評価したものとされており、事業年度ごとに内閣総理大臣に対して提出する ことが定められている。

内部統制(ないぶとうせい)

企業が不正会計や財務報告の不備を防ぐ目的で、 社内の管理体制を整備・確立することを指す。 金融庁の企業会計審議会の定義によれば、「財務 報告の信頼性」「業務の有効性・効率性」「事業活動 に関わる法令等の遵守(コンプライアンス)」「資産 の保全」を達成するために、組織(企業)内のすべ ての者によって遂行されるプロセスとされており、 これらを達成するための要素として「統制環境」 「リスクの評価と対応」「統制活動」「情報と伝達」 「モニタリング(監視活動)」「IT(情報技術) へ の対応」があげられている。

ナンピン売り

信用取引で売りを行った際に予想以上の値 上がりをすることがあり、このとき売り増すこ とで平均単価を上げることを「ナンピン売り」と呼 び、値上がりにつれて信用売りを行うことを「ナン ピン売り上がり」と言う。 いずれの場合も業績や過去の株価の推移などに注 意しつつ、慎重に買い増し、売り増しを行うことが 重要となる。⇔「ナンピン買い」

ナンピン買い

投資した株が値下がりした場合などに、あえて同 じ銘柄の株を買い増すことで買値の平均単価を下げ るという投資方法。これを「ナンピン買 い」と言い、値下がりにつれて買い続けることを「買い下がり」(または「ナンピン買い下がり」)と言う。⇔「ナンピン売り」

軟調(なんちょう)

相場にやや安い状態が続き、買い気に乏しい状態 を「軟調」(weakness)’と言う。⇔「堅調」

成行注文(なりゆきちゅうもん)

投資家が証券会社に対して売買注文を出すとき、 売買価格を決めないで銘柄と株数だけを指定し、そ の日の相場の成り行きで注文すること。売買が 成立しやすいので、迅速に取引を行いたいときに は、成行注文を利用する。 成行注文が多いと株価の動きが大きくなり、思っ ていた価格よりも安く売れてしまったり、高く買っ てしまったりする場合もある。

1

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加