お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

株式投資用語

相対力指数(そうたいりょくしすう)「RSI」

株価の上下の強弱を測る指標のことを「オシレーター」と言う。オシ レーター系の指標には、「RSI(相対力指数)」 「サイコロジカルライン」「ストキャスティクス」な どがある。現在の株価が過熱気味なのか、ある いは売られすぎなのかを識別し、株価水準には関係 なく売買タイミングをつかむことができる。

総合利回り(そうごうりまわり)

配当に値上がり益を足した金額を投資年数で割り、1年当たりの利益を投資金額で割って求める投 資収益率。 投資の結果どのくらいの利益が得られたかを算出 するもので、投資の尺度とはならない。

損益分岐点(そんえきぶんきてん)

利益や損失、すなわち損益が発生する分かれ目と なる売上高を指す。企業の活動においては、総 費用が売上高を下回っていれば黒字となり、逆に売 上高を総費用が上回っていれば赤字となる。 仮に売上高と総費用が同じならば損益は発生して いないことになり、このときの売上高を損益分岐点 売上と呼んでいる。 損益分岐点売上を実際の売上高が超えれば利益が 生まれる。損益分岐点売上が、実際の売上高に対 して何%に当たるかを示した比率(損益分岐点比 率)が低ければ低いほど、その企業は体力があり採 算性も高いと見ることができる。 このような分析を損益分岐点分析(またはCVP 分析)と呼んでいる。

その他利益剰余金(そのたりえきよじょうきん)

利益剰余金は、「利益準備金」と「その他利益剰 余金」に分類される。 利益準備金は、資本準備金と合わせて資本金の4分の1に達するまで、その他利益剰余金を原資とす る配当額の10分の1を積み立てなければならない。その他利益剰余金には、任意積立金や繰越利益 剰余金がある。

その他資本剰余金(そのたしほんよじょうきん)

資本剰余金には、「資本準備金」と「その他資本剰余金」に分類される。 資本準備金には、株主の払い込みから生じる「株式払込剰余金」や、合併から生じる「合併差益」などがある。

損益計算書(そんえきけいさんしょ)

会社の一会計期間における経営成績を表すため に、その期間に生じた収益と費用の内訳を示した計 算書のことを言う。 損益計算書では、売上高から売上原価と販売費及 び一般管理費を差し引いて営業利益を計算し、さら に受取利息や支払利息などの営業外損益を加減して 当期純利益を算出する。

増収率(ぞうしゅうりつ)

前の決算期に比べ売上高が何パーセント増えたかを表す。

増収減益(ぞうしゅうげんえき)

売上高は増加したのに利益が低下した場合のこと。

増収増益(ぞうしゅうぞうえき)

売上高が増え、同時に利益も増えれること。

増 収(ぞうしゅう)

売上高が前の決算期に比べて増加すること。

12

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加