お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

株式投資用語

オプション料

株式や債券などを、特定の期日までにあらかじめ 設定した価格で売買する「権利」を取引することを 指す。 売買の価格は市場価格に左右されることはない。買う権利を「コール・オプション」、売る権 利を「プット・オプション」と言い、あらかじめ設 定した価格のことを「権利行使価格」と言う。 また、権利を買う際に支払う料金を「オプション料 (またはプレミアム)」と呼ぶ。 期日が来た際に買い手には、そのときの価格に よって、権利を行使するか、転売するか、放棄する という選択肢がある。仮に予想がはずれ株価が 下がったとしても、権利を放棄すれば損失はオプション料のみとなる。 一方売り手は、予想が当たればオプション料を手 にすることができるが、はずれた場合でも価格に 関係なく権利行使に応じなければならず、大きな損 失が出る可能性がある。 現在上場されている株式オプションには、東京証 券取引所の「TOPIXオプション」や大阪証券取 引所の「日経平均オプション」、東証と大証の「個 別株オプション」などがある。

オプション取引(オプションとりひき)

株式や債券などを、特定の期日までにあらかじめ 設定した価格で売買する「権利」を取引することを 指す。 売買の価格は市場価格に左右されることはない。買う権利を「コール・オプション」、売る権 利を「プット・オプション」と言い、あらかじめ設 定した価格のことを「権利行使価格」と言う。 また、権利を買う際に支払う料金を「オプション料 (またはプレミアム)」と呼ぶ。 期日が来た際に買い手には、そのときの価格に よって、権利を行使するか、転売するか、放棄する という選択肢がある。仮に予想がはずれ株価が 下がったとしても、権利を放棄すれば損失はオプション料のみとなる。 一方売り手は、予想が当たればオプション料を手 にすることができるが、はずれた場合でも価格に 関係なく権利行使に応じなければならず、大きな損 失が出る可能性がある。 現在上場されている株式オプションには、東京証 券取引所の「TOPIXオプション」や大阪証券取 引所の「日経平均オプション」、東証と大証の「個 別株オプション」などがある。

オープン型投資信託(オープンがたとうししんたく)

運用が開始された後でも購入することができる投 資信託のこと。契約後も追加投資が可能。運用期間が定められておらず、株式のように売買差益を得るために運用することも可能である。 代表的な商品に「ミリオン(従業員積立投資プラ ン)」がある。これは従業員持ち株会が自社株 以外に投資する場合に利用される商品で、株式投資 信託にあたる。公社債投資信託の代表的なものとしては「MMF」がある。「追加型投資信託」とも呼ばれる。

オープンエンド型投資信託

投資家が自由に換金することが可能な投資信託のことで、信託財産は時価で解約を受け付ける。

オープン市場

期間1年以内の短期資金の調達や運用を行う市場 を「短期金融市場」と呼ぶ。短期金融市場は金融機関だけが参加するこ とのできる「インターバンク市場」と、一般の企業 も参加することができる「オープン市場」に分かれ ており、扱う金融商品によってさらに各市場に分かれている。

オシレーター

株価の上下の強弱を測る指標のこと。オシ レーター系の指標には、「RSI(相対力指数)」 「サイコロジカルライン」「ストキャスティクス」な どがある。現在の株価が過熱気味なのか、ある いは売られすぎなのかを識別し、株価水準には関係 なく売買タイミングをつかむことができる。

大型株(おおがたかぶ)

時価総額や流動性、発行済株式数などをもとにし た株式の区分のこと。 「大型株」は発行済株式数が多いだけに値動きも 鈍く、長期の投資に向いている。 ⇔「小型株」

押し目待ち(おしめまち)

少しでも株価が下がったところで買おうと 狙って押し目(「押し目」参照)を待つことを「押し目待ち」(wait for reaction)と言う。

押し目買い(おしめがい)

上げ相場の中で一時的 に株価が下がることを「押し目」と言い、その下げ 幅が大きい場合を「深押し」と言う。 このような相場の一休み状態の時を狙って買うこ とを「押し目買い」と呼ぶ。

押し目(おしめ)

上げ相場の中で一時的 に株価が下がること。その下げ 幅が大きい場合は「深押し」と言う。

12

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加