お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

株式投資用語

ストックオプション

会社の経営者、役員、従業員があらかじめ定めた価格(行使価格)で自社株を購入できる権利のこと。 数年間の権利行使禁止期間が設定されているのが普通だが、この期間を過ぎたときの株価が行使価格よりも高ければ、その差額を報酬として受け取ることができる。自然、従業員に目的意識が生まれ 業績の向上にもつながり、経営者も株主や株 価に対してより目を配るようになると考えられている。

ストキャスティクス

株価の上下の強弱を測る指標のことを「オシレーター」と言う。オシレーター系の指標には、「RSI(相対力指数)」 「サイコロジカルライン」「ストキャスティクス」な どがある。現在の株価が過熱気味なのか、ある いは売られすぎなのかを識別し、株価水準には関係 なく売買タイミングをつかむことができる。

据え置き(すえおき)

配当額の増減は企業の業績に左右される場合が多く、増減がな い場合は「据え置き」と言う。

ストップ安(すとっぷやす)

制限値幅の下限まで株価が下がること。(「値幅制限」参照)

1

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加