お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

株式投資用語

追加型投資信託(ついかがたとうししんたく)

運用が開始された後でも購入することができる投 資信託のこと。契約後も追加投資が可能。運用期間が定められておらず、株式のように売買差益を得るために運用することも可能である。 代表的な商品に「ミリオン(従業員積立投資プラ ン)」がある。これは従業員持ち株会が自社株 以外に投資する場合に利用される商品で、株式投資 信託にあたる。公社債投資信託の代表的なものとしては「MMF」がある。「オープン型投資信託」とも呼ばれる。

月足(つきあし)

株価の動きをチャート化した際に、毎日の動きを 示したものを「日足」、週単位で示したものを「週 足」、月単位のものを「月足」と呼ぶ。(「チャート」参照)

強気(つよき)

相場が高くなるであろうと予測すること。 常に強気を保つ人を「万年強気」 などと言う。⇔「弱気」

強もちあい(つよもちあい)

特に好材料も悪材料もなく、相場がまったく動か ない状態、あるいは小幅に上下する程度の動きしか 見せない状態のことを「もちあい」と言う。 この状態から少し高くなることを「強もちあい」、 少し安くなることを「弱もちあい」と言い、このようなもちあい相場が長く続いた後に上下どちらかに動き出すことを「もちあい放れ」と呼ぶ。

突っ込み警戒(つっこみけいかい)

相場が急激に下げているとき、反発して値上がり するかもしれないという警戒感から売り方が手控え、下げ止まることがある。 このような市場の気分による動きを「突っ込み警戒」と呼ぶ。

追随安(ついずいやす)

一つの株に悪材料が出て株価が値さがりしたとき に、同じ業種の株も同時に値下がりすることを「つれ安」と言う。追随して他社の株も売られることから「追随安」と言う場合もある。 逆にある株に引っ張られて値上がりすることを 「つれ高」「追随高」と呼ぶ。 追随して取引される株には好材料も悪材料もなく、株式市場特有の思惑によって売買が行われる。

つれ安(つれやす)

一つの株に悪材料が出て株価が値さがりしたとき に、同じ業種の株も同時に値下がりすることを「つれ安」と言う。追随して他社の株も売られることから「追随安」と言う場合もある。 逆にある株に引っ張られて値上がりすることを 「つれ高」「追随高」と呼ぶ。 追随して取引される株には好材料も悪材料もなく、株式市場特有の思惑によって売買が行われる。

追随高(ついずいだか)

一つの株に好材料が出て株価が値上がりしたとき に、同じ業種の株も同時に値上がりすることを「つれ高」と言う。追随して他社の株も買われるこ とから「追随高」と言う場合もある。 逆にある株に引っ張られて値下がりすることを 「つれ安」「追随安」と呼ぶ。 追随して取引される株には好材料も悪材料もなく、株式市場特有の思惑によって売買が行われる。

つれ高(つれだか)

一つの株に好材料が出て株価が値上がりしたとき に、同じ業種の株も同時に値上がりすることを「つれ高」と言う。追随して他社の株も買われるこ とから「追随高」と言う場合もある。 逆にある株に引っ張られて値下がりすることを 「つれ安」「追随安」と呼ぶ。 追随して取引される株には好材料も悪材料もなく、株式市場特有の思惑によって売買が行われる。

強含み(つよぶくみ)

相場が少し高く、なおかつ今後も上がるだろうと いう機運を持っている状態のこと。逆に相場が少し下がり、今後も下がる傾向があると予想される状態を「弱含み(weak tone) 」と言う。

12

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加