お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

株式投資用語

ラップ口座

証券会社が提供する資産運用サービスの一つ。投資家は証券会社に対して資産残高に応じて、 手数料を支払う。この中には、運用実勢に応じ た資産管理のアドバイス料金や投資顧問会社に対する紹介料も含まれているため、サービスを抱き合わ せ(ラップ)するという意味で「ラップ口座」と呼 ばれる。 金融ビッグバンによる規制緩和の一つとして、証 券会社が証券顧問業や投資信託業を自社で行えるよ うになったことを背景に登場したサービス。証 券会社自らが投資信託などを組み合わせて運用する 「投資信託型」と、外部の投資顧問業者を紹介する 「投資顧問型」がある。 2004年にラップ口座に関する規制が緩和され たことで注目を集め、貯蓄から投資への流れを後押 しする商品として各証券会社が力を注いでいる。 ただし、最低契約金額が高額である場合が多く、富裕層向けのサービスと見なされている。

1

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加