お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

株式投資用語

非分離型(ひぶんりがた)

ワラント債(「ワラント債」参照)には、社債の部分と新株引受権の部分 を一緒にして売買する「非分離型」と、社債の部分 と新株引受権の部分を別々にして売買する「分離 型」がある。 「分離型」の場合は、社債の部分と新株引受権の部 分は、別の有価証券として処理される。つまり、 売買には、 ①ワラント債として売る ②社債の部分だけ売る ③ワラント(新株予約権)の部分だけ売る と、3種類の方法が存在することになる。た だし、ワラントには権利を行使する期間、価格が決 められている。

日足(ひあし)

株価の動きをチャート化した際に、毎日の動きを 示したものを「日足」、週単位で示したものを「週 足」、月単位のものを「月足」と呼ぶ。(「チャート」参照)

1株当たり純資産(ひとかぶあたり純資産)

英語で「Book-value Per Share」の頭文字3つを 組み合わせて「BPS(ビー・ピー・エス)」と表 記することもある。 企業の貸借対照表にはいろいろな表記方法があるが、 よく目にするのは左側が「資産の部」、右側 が「負債・純資産の部」に分かれた勘定式。 「純資産の部」は資本金、資本剰余金、利益剰余金 などで構成され、これらはいずれも株主に帰属する 資産とみなされる。このため、株主資本とも呼ば れる。 1株当たり純資産は、この純資産を発行済株式数 で割った数値。 1株当たり純資産=純資産÷発行済株式数 1株当たり純資産は、PBR(株価純資産倍率) を計算する際の基礎となる。 (「貸借対照表」←参照)

1株当たり配当(ひとかぶあたりはいとう)

配当とは、株主に対する利益の分配のこと。 利益の分配は保有する株式数の数によって増減するが、わかりやすく持ち株1株についていくらの配 当が支払われるのかを示したのが1株当たり配当。 ある会社の株式を1000株保有していて、1株 に年10円の配当が支払われれば、株主は年1万円の 配当を受け取れることになる。

1株当たり利益(ひとかぶあたりりえき)

英語で「Earnings PerShareJの頭文字3つを組 み合せて「EPS(イー・ピー・エス)」と表記す ることもある。 企業の収益力を最もよく示すのは税引き後利益 (純利益、当期純利益ともいう)だが、様々な企 業活動を通じ、年間に1株当たりいくらの利益を稼 いだのかを見る指標が1株当たり利益。 市場では、1株当たり利益が多いほど高く評価さ れる。また、PER(株価収益率)を計算する際 の基礎となる数値でもある。 1株当たり利益=当期純利益÷発行済株式数

費用(ひよう)

費用は、商品の仕入原価、製品の製造原価、給料、 広告宣伝費、支払利息等、収益を生み出すプロセス で必要とされたすべての経費のことを言う。

日々公表銘柄(ひびこうひょうめいがら)

投資家に注意を促すために個別の銘柄について毎 日信用取引の残高を公表すること。信用取引の 過熱を防止するための措置で、規制銘柄とは異なる。なお日々公表銘柄以外の信用残高は週に一回 公表される。

引受け業務(ひきうけぎょうむ)

株式会社が増資などの際に新しく発行する株式や 債券、転換社債などを、証券会社が一部または全部 を引き受けて販売する業務を指す。 証券会社は発行企業から手数料を取り、資金調達 を行う。仮に売れ残った場合には、証券会社の 責任として引き取る。「アンダーライティング」とも言う。

筆頭株主(ひっとうかぶぬし)

大株主(「大株主」参照)の中で最も 保有する株が多い者を「筆頭株主」と 呼ぶ。

1

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加