自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

株式持ち合い(かぶしきもちあい)

グループ企業間や協力企業間でお互いの株式を保
有しあい、経営の安定化をはかることを言う。
第二次大戦後、日本の財閥は解体されたが、
海外からの乗っ取り的な企業買収に対する懸念が高
まるにつれて、安定した株主を確保するための持ち
合いが増加した。また、お互いの事業において
安定的な取引を期待できるため、1980年代まで
は旧財閥系を中心に持ち合いが活発に行われていた。
しかし90年代に入り景気が後退すると、持ち合い
が自由な取引の足かせとなっていることが表面化し
、持ち合いの中心的存在だった銀行も経営状
態が悪化して他社の株を持ち切れなくなって来たた
め、持ち合いを解消して株式を売却する動きが活発
化した。これを「持ち合い解消売り」と呼ぶ。
しかし近年増えつつある敵対的買収に対抗するた
め、再び持ち合いが復活の兆しを見せている。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加