自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

■富裕層の節税 資産形成テクニック■_

【お金のガッコウ通信】

※ラインでは、本コラム・勉強会無料チケット・

お得な情報がいち早く届きます。

 

LINEのID検索「 @qzt8845g 」もしくは

 

スマホの方はこちらをクリックで直に繋がれます。

 

メルマガでも送っておりますのでご希望の方はこちらからご登録をお願いします。

 

────────────────

 

こんにちは!田島です。

 

最近、知人からドバイに行ったと
報告がありました。

 

現在、ドバイは万博を行っていますね。

 

知人いわく、ドバイはここ数年でも

大きく変わったとのことです。

 

ドバイは暑いイメージがありますが、
夜は気温が10度台になることもあり

思ったよりも寒くなるそうです。

 

日中は日差しが強いのですが
それでも、25度ぐらいで

ぜーんぜん、暑くない。

むしろ、日陰は寒いと言ってました。

 

冬は過ごしやすいと聞いていたのですが
本当でした!

 

現地に足を運ぶって
大事ですね~。

 

10数年前、ドバイ行きは日本から
直行便が飛んでおらず、
行くとしたら、日本は関空からのみ、
さらに直行便がなく、
カタールでトランジットを
利用しなければなりませんでした。

 

行きづらく、
遺跡もないドバイに
バカンスに行こう
という日本人は
そんなにはいませんでした。

 

今ではジョークに聞こえますが、

「ドバイって。
砂漠とラクダだけの国なんでしょ」

と思っていました。

 

しかしその後、
トムクルーズ主演の
ミッションインポッシブルで
ドバイのタワーが出て、
世界のセレブたちがドバイに遊びに行く様子が
日本でもどんどん紹介されるようになり、
じわじわとドバイブームがやってきました。

 

ちなみに、十数年ほど前の
ドバイも物価もそこまで日本と変わらず
けっこう都会で綺麗な街並み
金持ち国家って感じでした。

 

しかし、ここ数年は

富裕層がドバイに移住するという

ことが起きています!

 

ドバイに移住する理由ですが
まずは、何より
ドバイはタックスへイヴンで
あることです!

 

【タックスへイヴン】

 

タックスへイヴンとは
「租税回避地」と言うと
聞こえは悪いですが、
所得税・法人税・資産課税・相続税などが
きわめて低いか、
まったく存在しない
国や地域のことをいいます。

 

日本は給与明細から
所得税が勝手に引かれたり
物を購入するとき消費税がかかったり
株式投資をして利益がでたら
20%税金を支払わなければ
いけなかったりと
何かと、いろいろ税金が
かかってきます。

 

世界をみると、そんなもの
存在しない、またはごくわずかな
支払いのみで
済ませられる国が存在します。

 

富裕層の10数年前は

香港移住がブームでした。

 

その後はシンガポールがブームになり、

数年前からはドバイと言われています。

 

ちなみにタックスへイヴン

の地域は下記のように

さまざまな地域があります。

 

 

<ヨーロッパ>
・モナコ、ルクセンブルク、
リヒテンシュタインなど

 

<カリブ海>
・ケイマン諸島、
BVI(ブリティッシュ・ヴァージン・アイランド)

 

<東南アジア>
・香港
・シンガポール等

 

他にも

アラブ首長国連邦(ドバイ)

等です。

 

タックスへイヴン諸国は
もともと資源や産業の無い島国や
小国がほとんどです。

 

ドバイのタックスへイヴンは
膨大なオイルマネーの受け皿として
発展したというのがまず大きな違いです!

 

UAEの大手銀行は膨大な
オイルマネーを持つ国によって
バックアップされています。

 

ドバイはすべての
金融機関で英語が通じ、
オンラインバンキング等のオペレーションも
すべて英語のため、
アラビア語を使う必要性は
ありません。

 

街中のタクシーを利用しても
皆さん流暢な英語を話します。

 

さらに、タクシーは
レクサスです。

 

アラブ首長国連邦内の主な銀行は、
各首長国がバックアップする銀行

 

Emirates NBD
National Bank of Abu Dhabi
RAK Bank

 

又は外国資本の大手銀行
CITI
HSBC

です。

 

ドバイの銀行では
「マルチカレンシー」といって
各国通貨の金利の動向を見て
預金通貨を選択することが可能です。

 

基本通貨は
UAEディルハム(AED)ですが、
このAEDはドルペック制です。

 

【ペッグ制と通貨バスケット制】

 

ペッグ制とは、固定相場制の一つで、
米ドルなど特定の通貨と
自国の通貨の為替レートを
一定に保つ制度をいいます。

 

なので、
ドルペック制をとっている
ということは
ドルが上がれば、同じくあがり
下がれば、おなじく下がるというように
通貨を連動させているということです。

 

※中東の多くの国は原油の輸出のために、

ドルペッグ制を採用しています。

 

ドルと連動する
ペッグ制をとっている通貨は
有名なところでは
「香港ドル」ですね。

 

余談ですが
「通貨バスケット制」というものも
ありまして
これは、一国のみの通貨と連動させずに、
複数通貨のレートの平均値と
自国通貨を連動させる制度をいいます。

 

現在、シンガポールなどで
採用されています。

 

ドバイはドルペッグ制を

採用していることもあり、

為替リスクが限定されるため

ドバイに投資をしやすい

という利点があります。

 

また、ドバイには
フリーゾーン(経済特区)があります。

 

フリーゾーンでは100%外国資本での
法人設立が可能であり、
さらには法人税非課税、所得税ゼロ、

利益送金の自由など
様々なインセンティブが用意されています。

 

日本だけみていたら井の中の蛙です。

 

世界から俯瞰して自分の立ち位置を
理解しておきたいですね!

 

それでは、今日も元気で!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日の一言■

 

今年もありがとうございました。

良いお年を!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
★勉強会スケジュール カレンダー
━━━━━━━━━━━━━━━━

 

1月の勉強会日程はここからチェック!
https://okaneno-gakko.jp/schedule

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

弊社の勉強会等ご紹介いただけませんか?
もし、よければですが
お友達や知人の方をご紹介下さい。

 

弊社に初めて来られる方をご紹介いただいた場合は
ご紹介者様と知人の方をお互いに
初回のみ無料にさせていただきます。

講座一覧

※お申込みフォームの備考欄に
紹介者のお名前をご記入ください。

 

それでは、今日も元気で!

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加