自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

相続時精算課税制度(そうぞくじせいさんかぜいせいど)

高齢化の進展を考慮した政策の一つ。次世代への資産
移転の円滑化等を図るため採られた,相続税・贈与税の
一体化措置。親から子への生前贈与について,受贈者の
選択により,贈与時に贈与税を支払い,相続時には生前
贈与財産を加算して相続税を算出し,支払った贈与税を
控除する制度である。これにより,生前贈与の有無にか
かわらず,相続税は同額となる。贈与時に, 2,500万円
の特別控除(累積で,限度額まで複数年にわたって適用
される)があり,これを超えると一律20%の税率で贈与
税が課税される。贈与者(親)65歳,受贈者(子)20歳
以上等の要件がある。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加