自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

土地公有化論(とちこうゆうかろん)

上地所有のあり方に関する考え方の一つ。土地の私有
化を否定する論理。土地公有化論が登場したのは18世紀
後半イギリスにおいてである。これは,イギリスにおい
て農業資本主義が最も典型的に開花したこと,および近
代的土地所有が典型的に展開したことによる。古典派経
済学の立場からの土地公有化の理論的根拠は,資本蓄積
と土地所有の矛盾に求められる。リカードの差額地代論
によれば,資本の新蓄積は,結果として劣等地への耕作
拡大ひいては地代の上昇を招き,利潤率の低下をもたら
す。よって土地所有から生ずる地代が資本蓄積の障害と
なる。また,古典派とは別に,土地の公共性または土地
の投機による土地利用配分の失敗等の観点から土地の公
有化か論じられることがある。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加