自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

不動産鑑定評価基準(ふどうさんかんていひょうかきじゅん)

不動産鑑定士等が鑑定評価業務上に準拠すべき指針等 の一つ。不動産鑑定士等が鑑定評価業務を行う場合の合 理的なよりどころとして,昭和39年3月に不動産鑑定評 価基準が設定され,続いて昭和40年3月に宅地見込地基 準,昭和41年4月に賃料基準が追加され,昭和44年9月 には,従来の3つの基準を一本化するとともに内容の充 実を図った基準が設定された。その後,約20年を経て, 鑑定評価の理論および実務における進歩や充実が著し く,またバブル時期の到来等の不動産を取り巻く社会や 経済の変化も大きいことから,平成2年10月に本来の基 準のほかにその運用上の留意事項が整備された大幅な改 正が行われた。その後,地価の下落・停滞が続く中で, 不動産の流動化の施策としてなされた証券化・リートが発展する等,社会晴勢の変化に対応するため,平成14年7月に従来の基準をもとにさらに改正され,平成15年1月1日から現行基準として実施されている。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加