自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

不動産の鑑定評価(ふどうさんのかんていひょうか)

不動産の価格を決定する方法の一つ。一般の商品の価
格が自由なプライス・メカニズムの下で形成されるのに
対し,不動産は個別性が強く,取引市場も局限されてい
るので,自由なプライス・メカニズムが成立し難い。不
動産,特に土地の適正な価格を求めようとすれば,合理
的な市場の価格形成機能に代わって不動産の適正な価格
を判定する作業が必要となる。このような意味で,不動
産の鑑定評価とは合理的な市場があったならばそこで形
成されるであろう正常な市場価格を表示する価格を,鑑
定士等が的確に把握することを中心とする作業である。
具体的には,次の手順を合理的な判断の下に秩序立てて
誠実に行うことである。①鑑定評価の基本的事項の確
定,②処理計画の策定, ③対象不動産の確認,④資料の
収集および整理, ⑤資料の検討および価格形成要因の分
析, ⑥鑑定評価方式の適用,⑦試算価格または試算賃料
の調整, ⑧鑑定評価額の決定,⑨鑑定評価報告書の作
成。→不動産,不動産鑑定業(者),不動産の価格形成要
因,不動産の鑑定評価に関する法律

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加