自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

金利(きんり)

金利と株価の関係の基本形は、金利が上昇すると
株価が下落する、逆に金利が下落すると株価が
上昇 する、というもの。
★身近な例
貯蓄に回せるお金が100万円あったとする。
このお金を、自分の手元で保管しようと考える人は
少なく、多くの場合、金融機関への預け入
れを考える。
このとき判断の基準となるのは、いかに多くの利息
がつくかということ。当然のことだが、
より金利の高い商品を選択することになる。
安全で金利の高い金融商品があれば、あえてリス
クのある株に手を出す必要はない、と考えるのが人情であり、
逆に金利が低ければ、より高い利率の金融
商品=株に目が向くことになる。このため、低
金利のときには株式市場が活況を呈する、というの
が基本的な考え方になる。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加