自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

配当性向(はいとうせいこう)

企業がその期にあげた税引後の利益(当期純利
益)に対する配当金の占める割合を「配当性向」と
言う。利益に対してどのぐらい配当する力があ
るのかを見る指標の1つで、次の計算式で求められる。

配当金÷当期純利益×100

たとえば、発行済株式数100万株、年10円の配
当、当期純利益1億円の会社の場合、この会社の配
当金の総額は、10円X100万株=1000万円に
なる。当期純利益が1億円なので、配当性向
は10%ということになる。
この配当性向が低ければ、それだけ配当にゆとり
があることになる。つまり今後増配の可能性も
ある。
ただし、一概に配当性向が低いから良いとも言い
切れない部分があり、企業が利益に見合った配
当をしていない可能性もある。
普通は、配当金を除いた利益は内部資金として次
の事業に投資され、また新たな収益を生むというサ
イクルで循環している。
逆に配当性向が高い場合はゆとりがないというこ
とで、今後減配に転じる可能性がある。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加