自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

株主資本利益率(かぶぬししほんりえきりつ)「ROE」

株主資本に対する税引後利益(年間純利益)の割
合のことで、自己資本利益率とも呼ばれ企業の収益
力を見る上で重要な財務指標。
企業が上げた全収益の中から税金などを支払った
後の税引き利益が株主に対して支払われる配当の元
となるため、株主資本利益率は株主が出資した資金
がどの程度の利益を上げているか(収益率)を表す
数字ということができる。
また、株主資本が有効に活用されているかどうか
を知るための指標ともなるため、企業の経営姿勢が
表れるデータでもある。このため投資を行う際
の重要な尺度となる。
ROEの計算式は、
ROE=1株当たり利益(EPS) ÷1株当たり純資産(BPS)×100

となり、 この数値が高ければ高いほど、I株当たり利益が 高い=収益性が高いということになる。 (「1株当たり利益」参照)

「自己資本比率」とも言う。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加