お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

新株(しんかぶ)

すでに発行している株を旧株(親株)と言うのに
対し、増資や合併によって新しく発行した株を新株
(子株)と言う。決算期の途中で発行した新株
は、旧株と配当の権利が同一でない場合もあるため
区別されているが、一度決算を迎えれば、新株・
旧株とも同じになり、新株は旧株となる。これ
を「新旧併合」と呼ぶ。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加