自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

損益分岐点(そんえきぶんきてん)

利益や損失、すなわち損益が発生する分かれ目と なる売上高を指す。企業の活動においては、総 費用が売上高を下回っていれば黒字となり、逆に売 上高を総費用が上回っていれば赤字となる。 仮に売上高と総費用が同じならば損益は発生して いないことになり、このときの売上高を損益分岐点
売上と呼んでいる。 損益分岐点売上を実際の売上高が超えれば利益が 生まれる。損益分岐点売上が、実際の売上高に対 して何%に当たるかを示した比率(損益分岐点比 率)が低ければ低いほど、その企業は体力があり採 算性も高いと見ることができる。 このような分析を損益分岐点分析(またはCVP 分析)と呼んでいる。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加