自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

分離型(ぶんりがた)

ワラント債(「ワラント債」参照)には、社債の部分と新株引受権の部分を一緒にして売買する「非分離型」と、社債の部分
と新株引受権の部分を別々にして売買する「分離型」がある。
「分離型」の場合は、社債の部分と新株引受権の部
分は、別の有価証券として処理される。つまり、売買には、
①ワラント債として売る
②社債の部分だけ売る
③ワラント(新株予約権)の部分だけ売る
と、3種類の方法が存在することになる。た
だし、ワラントには権利を行使する期間、価格が決
められている。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加