自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

先物取引(さきものとりひき)

1982年にアメリカで導入された制度で、ある株式を、将来特定の日にあらかじめ定められた数量、価格で受け渡しをすることを決めておく取引の形態を「先物取引」と言う。 日本では87年に大阪証券取引所で「株式先物50」 が発売されたのを皮切りに、88年に東京証券取引所 が「TOPIX先物」、大阪証券取引所が「日経 225先物」を発売開始した。これらはすべて株価指数を株式のように取り扱って売買するものであり、つまり「ダウ(日経平均)という名の株」が登場したのである。株価指数といっても、先物取引の場合 は実際の株と同じように扱うため、将来日経平均が上がると予測する人は買い、下がると予測するなら売れば良い。
これらをまとめて「株式先物取引」と言う。
先物取引とは、実際に株の売買を行うのではな
く、「将来この株を必ず買う(売る)」という約
束をしておく制度のこと。
この約束は必ず守る必要があり、約束した日
までに株価が上がると予測するなら「売り契約」を
結び、その株を現時点で買い入れる。
そして約束の日がくるまでに、タイミングをは
かって売り、実際に株価が上がれば差額が
利益になる。
株の売買は信用取引のように、委託証拠金を入れ
るだけで行う事ができる。委託証拠金は売買金額の9%、
最低600万円以上となっており、小さな資金で、
大きな取引が可能となっている。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加