自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

信用取引(しんようとりひき)

投資家が証券会社から株券やお金を借りて取引を
行うこと。短期間のうちにキャピタルーゲインを
得ることを狙った投資方法。
お金を借りて値上がりしそうな気配の株を買う
(空買い)、あるいは値下がりしそうな気配の株を選
び証券会社から株券を借りて売る(空売り)という
方法で行われ、代金の決済は通常6ヵ月以内とされ
ている。その時点での売却益を得ることが信用取
引の目的。
信用取引は証券会社に担保として一定の「委託保
証金」を預託することで取引が可能なため、市場の
取引が活発化・円滑化するという効用がある。
しかし一方で、株券やお金を持たなくとも取引がで
きることから、投機的な側面を強く持った取引と言
うこともできる。 期日がきた時点で、たとえ思惑どおりの値上が り・値下がりがなく損をしていたとしても、決済を しなければならない。 信用取引を使って売買できる銘柄のことを「信用 銘柄」と呼ぶ。かつては一部上場銘柄だけが信 用取引が可能だったが、現在では条件付きで二部銘 柄やジャスダック銘柄でも信用取引が可能となって いる。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加