お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

ヘラクレス

2000年6月、大阪証券取引所に新たな証券市
場としてナスダックージャパンが開設された。
これはアメリカの全米証券協会(NASD)と日本
のソフトバンクが創設した、新興企業向けの市場で
した。NASDはアメリカで店頭市場・NASDA
Qを運営しており、そのノウハウを取り入れて日本
にも同様の新市場を作ろうとした。
しかし、ベンチャー企業を対象とした新しい市場
として関心を集めたものの、2001年にはITバ
ブルが崩壊し、多くの上場企業が経営難に陥った。
このような事態を背景に、2002年には米ナス
ダックが提携を解消しその後、大証が経営
する市場として再スタートすることとなった。これが「ヘラクレス」となる。
ベンチャー企業を対象としているため、上場のた
めの審査を素早く行い、短期間で上場できるよう配
慮されている。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加