お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

逆乖離(ぎゃくかいり)

CB(「CB」参照)の時価が、パリティ価格(「パリティ価格」参照)とどの程度離れて
(乖離して) いるかを見るための比率、つまり時価
とパリティ価格との差のことを指す。
CBの時価からパリティ価格を引いて出た数字を
パリティ価格で割って百分比を出したもので、計算
式は、
(CBの時価-パリティ価格)÷パリティ価格×100
となる。 乖離率がプラスのときは転換社債のままで売却する方が有利で、逆に乖離率がマイナスとなった場合 (「逆乖離」という)には、株式に転換した方が有利になる。

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加