自分らしい人生を手に入れる!
お金のガッコウ

お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

■インフレ 年率268万% 資産形成テクニック■_

【お金のガッコウ通信】

※ラインでは、本コラム・勉強会無料チケット・

お得な情報がいち早く届きます。

 

LINEのID検索「 @qzt8845g 」もしくは

 

スマホの方はこちらをクリックで直に繋がれます。

 

メルマガでも送っておりますのでご希望の方はこちらからご登録をお願いします。

 

────────────────

 

こんにちは、田島です。

 

さて、最近
色々な経済ニュースを見ると
「インフレ」という言葉を耳にします。

 

それもそのはずアメリカは
2021年11月に前年比約6.8%と
高水準のインフレを記録しています。

 

その流れで早期に金融引き締めを
行う予定にしたようです。

 

ちなみに日本は何年も前から年2%の
「インフレ」を目標としています。

 

しかし!

 

あの手この手を使っても
年2%の「インフレ」への
達成は程遠い結果です。

 

ちなみに2021年11月は前年比0.6%の上昇
10月は0.1%の上昇です。

 

消費者物価指数 総務省統計局HP
https://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.html

 

【インフレ】

 

さてインフレとは?

どんな状態なのか答えられますか?

 

「インフレ=物価の上昇」
「デフレ=物価の下落」

 

インフレとは?
お金の価値が下がり物価が上がることです。

 

日本人は円ベースで考える方が多いので
お金の価値が下がる~?

 

って言われるとハテナ?

になる方がいらっしゃいます。

 

世界の基軸通貨は米ドルです。

 

米ドルが絡む取引きは、
全体の取引量の6割弱と言われています。

 

例えば、
ガソリン100リットル1ドルだとします。

 

1ドル100円の時、
ガソリン100リットル100円です。

 

円安になり
1ドル200円になりました。

 

そうすると
ガソリン100リットル200円です。

 

同じ100リットルでも
価格が上がっているのが分かりますでしょうか?

 

通常は人口が増えれば
自然と消費が増え
需要と供給の仕組みから
欲しいっていう人が増えれば
増えるほど、
モノの価値は自然と上がります!

 

そして、企業も潤い
従業員はお給料が上がり
さらに消費が加速するという
良い循環が生まれます。

 

このような流れで起こるインフレは
良性インフレと言われて
成長している国家に
みられるインフレです。

 

日本はなかなか
インフレになりにくいです。

 

なので、
・マイナス金利政策
(お金を預けても金利はマイナスにすること)
・量的緩和
(お金を沢山刷ること)

で、円をいっぱい増やすと
円の価値が下がります。

 

円安にして、物価を上げる。

 

すなわち、強制的にインフレに
しようとしているのです。

 

とは言え、このインフレ
行き過ぎると
やばいことになります!

 

【インフレ 年率268万%】

2019年1月にベネズエラで
インフレスパイラルが起きました。

 

そう、ハイパーインフレです。

 

日本政府が願ってもいないインフレですが
行き過ぎるととんでもないことになります。

 

どんな感じかと言うと
ベネズエラのハイパーインフレ
2019年1月の物価上昇率で
年率268万%を記録しました。

 

ええええええ!!

 

年率268万%

 

もう、よくわからない数字ですね。

 

ベネズエラのハイパーインフレの理由は・・

ベネズエラは原油の埋蔵量は世界トップクラス。

 

この原油を利用して、国の改革を推し進めていました。

 

で、新しい大統領に変わって、、
半年後に原油価格が半分以下に急落
経済は一気に悪化・・・

 

自給力もなく輸入に頼っていたので
物不足になり、、、
さらに、財政赤字を埋めるために
紙幣を大量に発行、、
通貨価値が下がり
モノが足りない。

 

はい!ハイパーインフレの出来上がりです!

 

という、感じです。

 

こんな状態までに
日本はなってほしくないですが
有名な話で、
戦後はモノ不足
戦争の借金を返すために
お札を擦りまくったので

日本もハイパーインフレに
なっているんですよ~。

 

とは言え、インフレは
日本政府にとって都合がいいのです。

 

日本政府の財政状況は良くありません。

政府債務はざっくり1,200兆円を超え、
GDP対比で2倍を上回ります。世界を見渡しても、
これほどの借金を抱えている国はありません。

 

歴史的に見れば
財政的に困窮した多くの国が
ハイパーインフレを引き起こしています。

 

逆に急激なデフレになった事例はありません。

 

インフレとは物価が上昇することです。
裏を返せば貨幣の価値が低下すること。

 

インフレ率が10倍の場合、
インフレ前の1,000円がインフレ後は
100円分の価値しかなくなってしまいます。

つまり、1,000兆円の借金は
100兆円分の価値になるということです。

 

こうすれば、日本政府の
借金を減らすことができるのです!

 

インフレ率が10倍・・・・
って、いうのは、今の状況からみると
現実的じゃないですが、

インフレで国の借金が減って
みんなハッピ~かというと、、、

そうじゃない事は何となく分かりますよね。

 

そう、
国はハッピーですが
つけを払うのは、
私たち庶民(国民)です。

 

日本は大好きなので
色々な課題、問題を頑張って
クリアーして欲しいです。

 

なんか、ここ最近。

どんどん税金上がって
年金受給も減って
社会保険料も上がって
医療費も上がって、
みたいな感じです。

 

だからこそ、
他国の事例や歴史をしっかりと学んで
資産づくりに生かして行きたいモノです!

 

ちなみに日本のように
金融緩和をしている国は
株や不動産に投資をするのが
良いと言われています。

 

それでは、今日も元気で!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日の一言■

 

インフレの国に投資をするには
投資信託が良いです!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
★勉強会スケジュール カレンダー
━━━━━━━━━━━━━━━━

 

勉強会日程はここからチェック!

https://okaneno-gakko.jp/schedule

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

弊社の勉強会等ご紹介いただけませんか?
もし、よければですが
お友達や知人の方をご紹介下さい。

 

弊社に初めて来られる方をご紹介いただいた場合は
ご紹介者様と知人の方をお互いに
初回のみ無料にさせていただきます。

講座一覧

※お申込みフォームの備考欄に
紹介者のお名前をご記入ください。

 

それでは、今日も元気で!

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加