お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

保険は貯蓄になる??

保険は貯蓄になる??

★老後の資金を積み立てられるってホント!?

貯金

「保険って実は貯蓄にもなるんですよ!」
って聞いたことありませんか?セールスマンはよくいいますよね~。

生命保険には、もうひとつの機能、貯蓄性というものがあります。

貯蓄型の保険はいくつかありますが、その代表例としてよくあげられるのが、個人年金保険です。
個人年金保険は、老後リタイヤしたときの生活費を今から自分で準備していく保険です。

ん!?どういうこと?

個人年金保険には、死亡時の保険が付いていないのが一般的なので、
掛けている途中で亡くなった場合は、 掛け金の相当額が戻ってくるという仕組みになっています。

一般的には「10年確定年金」と呼ばれるものが主流だそうです。

もらい始めてから10年経過するまでの間に亡くなった場合も、
このケースの場合は遺族に残額が支払われるので、損はありません!

おっ!これは良さそうだな~って思いませんか?

★解約したときなどのリスクとは?

家計

こうやって見てみると、なんのデメリットもない利率のいい貯蓄に聞こえますね~。

でも、本当にデメリットはないのでしょうか?

実は!そうでもないんです。。

保険での貯蓄は、個人年金保険に限らず、
長期間加入するから利率がよくなるよ うに設計されています。

そのため、短期間で解約等をする場合は、支払った金額を下回ったり、
定期預金のほうが利率がよかったりするのです!

つまり、長く続けることが基本というわけです。

しかし、実際はどうでしょうか?

若い方には結婚・出産・子育て・住宅ローンと、何かと出費が続く時期がありますよね~。
当然、必要な生活費も増えていきます。

問題は、「その中でも支払い続けることができるのか?」ということです

老後の資金の確保は大事ですが、そのために住宅ローンの頭金が少なくなって、
多額のローンを借りるのなら、それは本末転倒になってしまいます。

先のことまでしっかり考えて行動に移したいですね!

お金のことについてもっと学びたい方はコチラをクリック⇒「自分らしい人生を手に入れる!お金のガッコウ」

 

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加