お金持ちが行っているお金のヒミツ「お金がドンドン増える」メール講座

どんな保険に入ればいいの?~生命保険の場合~

どんな保険に入ればいいの?~生命保険の場合~

★なんためのお金が必要?

悩む女性

生命保険ってどれに入ればいいんだろう、、、

でも全く入らないのも不安だし、、、
保険もたくさん種類があるので迷ってしまいますよね~。

ここで必要なのは、

いったい「いくらの保険金」を「いつまで」用意しなくてはいけないのかをハッキリさせることです。

意外と保険に入る目的ってぼんやりしてたりするんですよね。。

お付き合いで。。とか、入った方がいいと勧められたから。。とか。

でも一生涯で考えると相当な金額を払うことになるので、これを機に考えてみた方が良いと思います。

まずは保険に入る目的です。

保険に入る目的は、一言で言えば、万が一のことが起こったときにお金に困らないようにですよね。

その万が一とは、簡単に言えば、収入が長期にわたって途絶える場合です。
つまり、お金が入ってこなくなると困る状況に備えて、保険に入るということになるのです。

★「万が一」に必要な額を計算してみる

家計簿

「万が一」の困った状況の時とは、なにがどのくらい不足するんでしょうか~?

何から考えていいのか迷いません??

万が一のときにいくらお金が必要かを考える上で大事なのは、

毎年の家計の収支を正確に把握しておくことです。
そしてその中から不必要なものをはぶいていけば良いのです!

例えばご主人に万が一のことが起こった場合を想定すると、

毎月の生命保険料は不要になります。

携帯電話代や服飾費・食費だって1人分少なくなるし、車だって必要なくなるかもしれません。

あ、もちろんご主人のお小遣いも要らなくなりますね~。
こうして出た金額に教育費を足していきます。

こうやって考えてみると、だんだん収支が出てきます!

そうして出した生活費・教育費の合計で支出の年表をつくってみて、
はじめて万が一のことが起こるといくらのお金が必要かが分かってくるのです。

《例》もし夫に万が一のことがおこったら…

「生活に必要なもの」

・生活費(食費・水道光熱費・通信費・雑費・保険)

・住宅関連費用(住宅ローン・固定資産税等)

・自動車関連費用(ガソリン代・保険・税金・車のローン)

・教育費(学費等)

・葬祭費用(お墓・仏壇費用等)

「いらなくなるもの」

・夫の毎月の生命保険料

・1人分の食費・携帯代・服飾費等

・夫のお小遣い

「今後必要になるもの」

・高校までの学費

・大学までの教育費

「どこまで保険でカバーするか、

それぞれの家庭の事情に合わせて考えることが大事!!」

 

★万一のときに頼れる 「遺族年金」

遺族

実は私たちは、もう保険に入っています!

えっ!!

私たちは、毎月「社会保険料」という もうひとつの保険を国に納めています。
ですから、万一の場合「遺族年金」が支給されるんです!

それ以外に、会社によっては、死亡退職金制度や見群金の制度、
厚生年金基金や、職員年金制度等の福利厚生制度を持っているところもあるそうです。
一度よく調べてみると良いですよ~。

★日本に住んでいるということ

日本風景

さて、社会保険以上の保険が実はもうひとつあるんです。

それは、日本人としてこの日本に生活しているということです。

そして、なんと言っても働くことができるということです!

「え~!でも職に就けない人もいっぱいいますよ!」と言われてしまうかもしれません。

もちろんそうです。でも誤解を覚悟して言えば、

この国ではその気になれば働くところはあるのではないでしょうか。

当然、自分らしく働ける職場なのかとか、お給料が働きに見合っているのかとなると話は別ですが、
日本に住んでいる限り、パートやアルバイトをして多少なりともお金を稼ぐことはできるはずです。

稼げる金額も人によって違いますが、
ただ万が一ご主人が亡くなったとき、保険金で悠々自適な生活というのも現実的ではないと思います。

こういう風に考えてみると、保険料の見直しにもつながりますよね。
もし、ここまで考えて生命保険を選んでいないとしたら、それは大きな問題です!

もしかすると安心を買っているはずの保険で、お金を失っているなんてことにつながってしまうのです!

お金のことについてもっと学びたい方はコチラをクリック⇒「自分らしい人生を手に入れる!お金のガッコウ」

 

h掲載メディア

メディア掲載

友だち追加